8 de agosto de 2006

マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)



1944年ポルトガルのリスボンに生まれ。3歳でピアノを始め、5歳で初めて人前で演奏しました。ピアノと作曲をリスボンの音学院でフランシーヌ・ブノワに学び、16歳で卒業。グルベンキアン財団の奨学金を得て、さらにミュンヘン音楽大学でローズル・シュミットに、ハノーファーでカール・エンゲルに師事しました。15年にわたりエラートで録音を行ってきたが、現在はドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、協奏曲、室内楽の領域においても幅広く充実した活躍を続けています。共演した指揮者はクラウディオ・アバド、リッカルド・シャイー、小澤征爾、ネーメ・ヤルビーらがいます。室内楽ではヴァイオリンのオーギュスタン・デュメイとのデュオで数々の録音を残し、最近ではチェロのジャン・ワンを加えたトリオを組んでいて、いずれもドイツ・グラモフォンでのレコーディングを行い、好評発売中です。

Pois é Não consta aqui que ela saiba jogar futebol
Portantes Pá
Ela que vá lá pianar pó brasil

Ninguém pára o benfica Carago

1 comentário:

Rosa disse...

彼女のフィートが付いている井戸... 彼女が遊ぶ、ない。そう...